8月15日(土) | Facebook Group "Cafe Cheshmeh TV"

Cafe Cheshmeh TV - World Music Special

トマス・フィターマン Thomas Fiterman and 北川 修一 Shuichi Kitagawa join us to play traditional music instruments from Eastern Europe and Iran.
Registration is Closed
Cafe Cheshmeh TV - World Music Special

Time & Location

2020年8月15日 19:00 – 20:45
Facebook Group "Cafe Cheshmeh TV"

About the event

Cafe Cheshmeh Variety Show!! :: World Music Special 民族楽器スペシャルです。ハンガリーのハーディガーディとイランのタンブールという、チェシュメっぽい組み合わせ。 Regional musical instrument special! We'll have Hungarian hurdy-gurdy and Iranian tanbour, Yup, very Cheshmeh. ■視聴は今のところこちらから You can see the show at; ●Facebook Page: https://www.facebook.com/groups/CafeCheshmehTV ●YouTube Channel: http://urx.blue/0xNC ------------------------------------------------------------------- ○トマス・フィターマン Thomas Fiterman Studied the Hungarian hurdy-gurdy (tekerő) at the Liszt Ferenc Music Academy of Budapest. There, through the sound recordings, he learned the style of various Hungarian villagers and farmers who played music without advanced studies,just naturally and instinctively. ハンガリーの首都ブタペストに拠点を構えるリスト・フェレンツ音楽大学にてハーディガーディを学ぶ。録音を通じて ハンガリーの農村地域に根付いた楽譜の無い自然なハーディガーディの音色に出会い、様々なスタイルを学びました。 ○北川 修一 Shuichi Kitagawa Lived in Iran 2007-2018. Studied tanbour from the master players in Iran, with the old ritualistic music system called Makam (maqam). Shuichi is now based in Japan, teaching and performing Iranian music, with the aim of spreading Persian/Kurdish music. 2007年~2018年イラン在住。 タンブールをヘイダル・カーキー、アリーアクバル・モラーディといった大家に師事。当地でマカーム(マガーム)と呼ばれる古い儀礼的な音楽体系を学ぶ。 イランではタンブールグループに参加し、様々なイベントにて行われた複数のコンサートに参加。 現在は日本に帰国しており、ペルシャ、クルド音楽の普及を目的として、演奏活動のほか執筆活動にも従事。 最近では『クルド人を知るための55章』(明石書店)において、クルドの楽器に関して1章を担当。

Share this event